75-85

アパレル、雑貨を中心とした小売・メーカーで働くひとたちの話

ネットショップもすでにブランドコピー天国らしい

超S級スーパーコピーとか謳っててホントにそんなリアルなとこってあるんですか?

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1033064695

超S級スーパーコピー、って何だろうと思って検索。



定義としては、

・精巧に作られたコピー商品。


  →プロの鑑定士・関税の担当者・コピーの被害者である権利者でさえもも、
   真贋の判断が困難であるようなコピー商品(偽ブランド商品など)を指す。

http://www.kw-guide.jp/newwords/post_532/

ああ、なんだブランドのコピー品のことなのか。

・以下の理由から、真贋の判定が非常に困難になっている。


  →作りそのものが、本物に酷似している。少なくとも、外見だけで区別することは不可能。
  →パッケージなどの付属品が、本物と同じ構成で用意されている。
  →新商品への対応が迅速(新作の発表から、コピー商品が流通するまでに1ヶ月程度しかかからない)。

http://www.kw-guide.jp/newwords/post_532/

・近年、国内外でスーパーコピーの流通が急増している。


  →コピーの対象は、衣類・バッグ・時計・キャラクター商品など多岐に渡る。
  →基本的にはアジア各国(特に韓国・香港・中国)で製造されて、
   現地で販売されたり国内に持ち込まれたりするパターンが多い。
  →国内で製造する事例も見られる。実際に2001年12月には、
   神戸市でスーパーコピーの地下製造工場を稼働させていたグループが逮捕・指名手配されている。
  →消費者の中には、商品が偽物だと知りつつ購入する人も多い。

http://www.kw-guide.jp/newwords/post_532/

・コピー商品は製造・販売・国内への持ち込みが違法。

http://www.kw-guide.jp/newwords/post_532/


国内生産もあるとは、結構悪質だな。


でもさすがに、目で商品を直接見ればわかるんではないか、と思ったら

超S級スーパーコピー の検索結果 約 52,700 件

スーパーコピー の検索結果 約 2,360,000 件

っていうくらいGoogle検索でも引っかかってきて、

そのほとんどは、ネットショップでした。


たしかに画像じゃ、商品の正確な所はわからないだろうな。*1

しかし、やはり怪しげな所にはいきなりお金を振り込まない、

クレジットカード情報を入力しないに限ります。


というか!ブランドコピー品を買うな!!

こういう事するとネットショップ全体のイメージも悪くなって、

新規参入が難しくなるんだよ・・・。


○以下、スーパーコピー品検索で引っかかる怪しげなネットショップの一部
  (画像のみで、リンクは貼ってません。腹立つから)







うーん。困ったもんだなぁ。


そう考えると、リアル店舗があるところのオンラインショップ

非常に安心感が強まる。もしかするとオンラインショップオンリーの運営は

今後厳しくなるのかなぁ。


*追記

展示会レベルでコピー品が出てるなら(まぁ上記のブランドかはともかく)

どうしても日本でも流通してしまうんでしょうね。うーん。

異なる市場、だがポテンシャルの高い市場に向けたB2B展示会ーリネアペッレアジアー: 新・両国さくらのファッション・イン・ファッション(Fashion in Fashion)


*追記記事(2009/11/19)

スーパーコピー問題についてもう一回触れてみる - Try and Error! Store!!


*さらに追記

確かに画像をみると変な日本語がいっぱい混ざってるな・・・。

はてブコメありがとうございました)

*1:本当は値段でわかるんだろうけど!