75-85

アパレル、雑貨を中心とした小売・メーカーで働くひとたちの話

ごあいさつ

今までやっていたブログを引っ越し&リニューアルいたします。


以前の内容は残しつつ新たに加えるエッセンスは、

『アパレル、雑貨で~ひとたちの話をきいてとにかく文字にしてみる』

ということをはじめていきます。

すでに何人かのインタビューを終え、公開するタイミングを待つのみ。という状況です。
今回の取り組みを行おうと思ったきっかけなどを、まずはリニューアル第1回目として記事にしております。

ご覧いただければ幸いです。


と、フェイスブック上で告知いたしましたが、


今回、今までやっていたブログを引っ越ししてまでやろうと思ったきっかけは、いくつかの出来事が重なっています。
少し自分語りになりますが、お許しください。

■ きっかけは、二十代前半軍団とのお茶会から

話は2014年まで遡ります。

メンバーは就活中の方から、新社会人まで、
なかなか変わったメンバーの中に何人かの30代が混ざった、少し変わった集まりでした。

話題はほとんど『働くということについて』で、流れでアパレル業界全般の話に。

そのメンバーには、現役のアパレル販売員もいたのですが、
就活中メンバーからは敬遠気味な感じでした。

なぜそこまでに敬遠するのかを聞いていくと、
「大変そう」「残業が多そう」「夜も遅くてつらそう」といったことがあがる。

現役で販売をやっている方は、困ったような顔で笑っていました。

その状況に、このご時世、仕方がないのかな…と思いつつも、
社会人のほとんどすべてをアパレルで過ごしてきた自分は、ひとこと

『そんなに悪いものでは、ないのに。』

ただ、自分たちの世代がそういう流れを生んでしまったのかな…とも反省。

自分たちは何かしら夢をもって、
この世界に飛び込み、苦しみつつもやりがいを感じてきたので、
結局僕も、困ったように笑うしかその場では出来ませんでした。

でも、それほどまでに、この業種業界に対するイメージは悪くなっているのか・・・
(少なくともこのグループからは)と思わざるを得ない出来事でした。
そして、なにより二十代の現役販売員(少なくとも入りたい会社に入れた)が、
共感を、得られていない姿を寂しく思いました。

少しでも、いま、このような業種業界で働き、頑張っているひとの情報を発信できたら。

それが今回のサイト開設の一番の入り口です。


諸々と、お伝えしたいことはありますが、
それはまた別の機会に。