75-85

アパレル、雑貨を中心とした小売・メーカーで働くひとたちの話

MDのための(裏)エクセル講座 その9「日時を簡単に入力する」

今回は非常に地味で簡単なテクニックをご紹介。


■ 日時を簡単に入力する

本日の「年月日」を入力するケースが時々あると思います。

MDのための(裏)エクセル講座 その6「みんなに親切な印刷をする」 - 75-85
でも、ヘッダーに日時を入れる方法をご紹介しましたが、

今回はセルに直接入力する方法です。

方法は至って簡単。
「CTRL」キーを押しながら「;(セミコロン)」キーを押す と・・・

f:id:trerstore:20150629195446j:plain
↑ あまり意味をなさない画像

なんと、本日の年月日が入力できます。

さらにいうと
「CTRL」キーを押しながら「:(コロン)」キーを押す と・・・


時間が表示されます。

f:id:trerstore:20150629195453j:plain
↑ かなり意味をなさない画像

時間を入力することはあまり無いでしょうね・・・。

とはいえ書類の「年月日」を入れる時には、
10秒くらいは時間短縮できると思います。

■ 日時を数式で入力する

数式は
「=TODAY()」 という関数です。

「()」括弧は、そのまま閉じてください。
(中には何も入れなくてOK)

f:id:trerstore:20150629195544j:plain
↑ こう入力すると

f:id:trerstore:20150629195714j:plain
↑ こうなる

この「TODAY」関数は、リアルタイムが常に表示されます。

1月1日にファイルを開けば、「2015/1/1」と表示されますし
4月1日にファイルを開けば、「2015/4/1」と表示されます。

常に、リアルタイムに更新されますので
作成日時を「残したい時」には、先ほどの「CTRL」+「;」がおすすめです。

「TODAY」関数を使った方がよい場合とは、
常に更新しながら使うファイルなどは
印刷の時に、その日が自動で表示されますので便利かと思います。

手動の「CTRL」+「;」
自動の「TODAY」

ですね。


エクセルには、「CTRL」キーを使った便利な
ショートカットがたくさんあります。

有名な「カット」「コピー」「ペースト」以外にも、
便利なものが色々とあります。

ぱっと思いつく所で
「CTRL」キーを押しながら
「A」「B」「F」「S」「U」「Y」などを毎日使ってます。

上記については、ある程度まとめて
良く使うシーンのご紹介と共に、今後は記事にしていきたいと思います*1


■ まとめ

MDのための(裏)エクセル講座 その1「簡単に上のセルに移動」 - 75-85
MDのための(裏)エクセル講座 その2「いらない空白行を削除する」 - 75-85
MDのための(裏)エクセル講座 その3「セル内の好きな所で改行する」 - 75-85
MDのための(裏)エクセル講座 その4「見やすい表を作る(色)」 - 75-85
MDのための(裏)エクセル講座 その5「見やすい表を作る(罫線)」 - 75-85
MDのための(裏)エクセル講座 その6「みんなに親切な印刷をする」 - 75-85
MDのための(裏)エクセル講座 その7「操作を楽にして、時間短縮をする」 - 75-85
MDのための(裏)エクセル講座 その8「見やすい行間」 - 75-85
MDのための(裏)エクセル講座 その9「日時を簡単に入力する」 - 75-85
MDのための(裏)エクセル講座 その10「エラー表示とうまくつきあう」 - 75-85


迷惑をかけないExcel

迷惑をかけないExcel

*1:もう知っているひとにはどうでもよいかもしれない