75-85

アパレル、雑貨を中心とした小売・メーカーで働くひとたちの話

MDのための(裏)エクセル講座 その1「簡単に上のセルに移動」

私、恐縮ながら何年か、

とあるビジネススクールで講師をさせて頂いております。


基本的には、MDのロジック等講座がほとんどなのですが

最近では「MDのための エクセル」という講座を受け持っております。



こちらでは、

『講座にするまでもないが、知っていると便利(?)』

というようなネタ、であり、私は今は自然と使っているテクニックをご紹介します。


また 正直「excel 2013」では、かなり簡単に操作ができる事も

「excel 2003」以前だと、結構裏技的になっております。


そういった操作方法が違う場合には、

おそらく2015年以降には、2003以前のバージョンをお使いの方は

ほとんどいなくなるかと思いますが、両方の操作方法を記事にしたいと思います。


今回は「同時押し系」の簡単なモノをご紹介させて頂きます。

またこれはエクセルのバージョンは共通で使えます。


■ 簡単に上のセルに移動

【操作方法】

  • 「SHIFT」キーを押しながら「ENTER」キーを押す

【使い時】 

  • 数値入力を連続で行っている時に、ミスした時
  • 勢い余って「ENTER」キーを押しすぎた時    

【難易度】 ★☆☆☆☆ ・・・ 覚えればすぐ使えるレベル

  • 打ち間違いが苦ではなくなる
  • マウスを触る回数が、減る・・・かもしれない

以下、ご覧ください。


このような感じで、「テンキーの数値」と「ENTER」キーを連続で

入力するような場面があるとします。

(なんだかよくわからない表ですが、サンプルです)



で、どんどん、「テンキーの数値」と「ENTER」キーを
調子よく入力していると・・・



行き過ぎた!!


という時に、落ちついて、

「SHIFT」キーを押しながら「ENTER」キーを押す

と・・・、

そのままですが、上のセルに移動できます。


かなーり地味なテクニックですが、


連続で数値を入力している時に、

「テンキーや数値キー」から、手を離さずに

「SHIFT」キーを押しながら、「ENTER」キーを押すだけで

上のセルに戻れる事によって、

カーソル【↑】キー or マウス操作 で 戻るやり方よりも 時間が短縮できます。



おまけとして、

「TAB」キーをおすと、そのまま ”右のセル”へ移動する事もできます。


意外に 「カーソルキー」だけでセルの移動されている方が多かったので

地味ではありますが、ご紹介させて頂きました。


今後も、こういう地味テクではあるけれども

知っているヒトは知っている、知らないヒトは知らないかも?

のような、講座とまでは行かないネタを記事にしていきます。*1

■ まとめ

MDのための(裏)エクセル講座 その1「簡単に上のセルに移動」 - 75-85
MDのための(裏)エクセル講座 その2「いらない空白行を削除する」 - 75-85
MDのための(裏)エクセル講座 その3「セル内の好きな所で改行する」 - 75-85
MDのための(裏)エクセル講座 その4「見やすい表を作る(色)」 - 75-85
MDのための(裏)エクセル講座 その5「見やすい表を作る(罫線)」 - 75-85
MDのための(裏)エクセル講座 その6「みんなに親切な印刷をする」 - 75-85
MDのための(裏)エクセル講座 その7「操作を楽にして、時間短縮をする」 - 75-85
MDのための(裏)エクセル講座 その8「見やすい行間」 - 75-85
MDのための(裏)エクセル講座 その9「日時を簡単に入力する」 - 75-85
MDのための(裏)エクセル講座 その10「エラー表示とうまくつきあう」 - 75-85

*1:需要あるかどうかは微妙・・・でも今後も記事にしていきます?